わたし時間
自分と親と過去との闘い シングルママの日常
お正月は疲れる
今年(去年)は30日から父が帰ってきた。
そして3日まで。去年より2日も多い。
去年のブログを読み返したら3日だけでも
けっこうしんどいと書いてあった。
なんか日に日に父が帰る頻度が多くなっている。

夜更かしな息子。夕方起きる。
今日は朝起きたら息子はまだゲームをしていた。

年越しそばにお飾りの準備、おせちの準備、お雑煮
すき焼き、お赤飯、朝昼晩の食事の支度。

朝から父に朝食、昼食
息子は夕方に起きる。
二人のペースに合わせ疲れる。

そして二人は無愛想に食事をする。
二人とも大して食べず。

褒めてほしい、ねぎらってほしいわけじゃ
ないけど
なんだか一人で馬鹿みたい…と最後の方は
怒鳴りちらしてしまいそうだった。

イライラ→鬱に移行しつつある。

これでも一応、病人なのに
それを言っても見せても理解など
得られないどころか、なぜ悪くなるのかと
怪訝な顔をされるので
とにかく踏ん張ってやり遂げるしかない。

糸が切れそうだった。

年末年始は嫌いだ。
軟禁状態から解放されたとともに
無気力感全開。

冬休みから部屋にこもりきりでゲームの息子
社交性ゼロ。大丈夫なのかとう不安と
いらだち。
これだから休みが長いと私の体調が崩れる。

毎年、落ち込む2月3月が今から怖い。

なのために生きているのやら…

このブログを来年の今頃の自分はどう思いながら読むのだろう。
そのための記録。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する