わたし時間
自分と親と過去との闘い シングルママの日常
情報セキュリティアドミニストレーター
私の簡易版HPに情報をいただいた。
「情報セキュリティアドミニストレーター」という資格について。
確かに、PCを使う人は誰でも直面するところ、セキュリティ。今年四月に個人情報保護法が施行され、そしてまたその資格はまだ新しいということで重宝しそうな資格。

私はMicrosoft Officeの資格を中心にやってきたけど、今回、HPをタグ打ちしたり、新しい資格についての情報をいただいていると、もっと視野を広くして、勉強していかないといけないなって感じた。
Microsoft Officeのアプリで作ったHPは、汎用性がないということを身を持って体験したし、WINDOWSやMicrosoft OfficeがPCのすべてじゃないんだって<今頃わかったのかいf^_^;

スポンサーサイト
携帯
購入。まあ、しばらく行かないうちにまたしても携帯は進化をしていた。でも、余計な機能はいらないし、あえてダウンロード携帯ではないやつに機種変更。しかし機種変更って、なんでああ高いのかしら┐('~`;)┌

携帯を変えるたび、当分はこれを使うぞって思うんだけど、所詮、機械だからね、壊れないわけないし。そう思うと、PCにしたって、なんにしたって、確かなものはないね。バックアップは大事だといっても、どのみち機械なわけで、バックアップのバックアップなんて必要になるわけ・・か

それにしても、なんという寒さだ・・寒すぎる(>_<)

春一番♪
気温が上がり、風が強い。
春一番かぁ。
気づいたら、もう二月も終わりだもんなぁ。

そうそう、先日、お子に突然、こんなことを聞かれた。
裸でブチュブチュ、布団の中で、をするのは何歳からいいの?って。
平静を装ったつもりだけど、かなり顔はひきつってただろうな(≧∀≦)

そういうことを深い意味もなく聞いている時期だから、まだかわいいけど
これからいろんな事覚えていってしまうのね。と思ったら、複雑(>_<)

ちなみに私の答え・・・
かなり戸惑いながら、は、はたち、20歳位じゃないかな(^^ゞ
かなり苦しい答えでした。

異性の母は、この先、性についてどう接していったらいいのだろう・・・(?_?)

携帯が・・・
携帯下部の充電する場所のカバーが切れてしまった。充電部分がむき出しのままになっている。
携帯ショップに勤めていた人の話を聞いたら、充電どころか、データ消失する危険があるって言われた・・・ぞぞっ(>_<)
手帳とかにメモしてないから、携帯のデータが消えるとかなり痛い。
変え時かなあ・・・。その前に、ちゃんと手帳とかに書かないといけないなあ。

頭痛
頭痛で目が覚めた(>_<)
一番嫌なパターンだ。会社がないだけましだけど。
おまけに、天気予報ははずれて昨日と同じく寒くて雨だし。
めまいと吐き気まできた・・・午後は少し復活した。
買い物に行かなくちゃ・・買い物中、腹痛が。
イマイチの体調だな・・・

お子は、やっと治った。
昨日、久しぶりに二人で入浴(*^^*)

やっぱり、二人が元気なのが一番の幸せだ。

子供って・・・
今日は、鼻水と咳が残るけど、熱がないので学校へ。
体育も見学にしてたのに、下校後早速、友達とわいわい遊んでいた。しかも、ジャンパーも着ないで出かけてしまって・・。親の心、子知らず・・・か(*x_x)もう、ぶり返したらどうするのよ~(>_<)でも、まだ友達と遊ぶな、体調気をつけながら遊べ、なんて子供に求めるのが、無理な話だよな^^;

シングルの辛いとこ
本日もお子は学校を休む。担任に電話をしたら、席の近い子がバタバタを休んでいるとのこと。その半分はインフルエンザ。お子の隣りの席の子もインフルエンザだったようだ。集団生活では逃れられないね。こうやって強くなっていくんだろな。

午後は母が来てくれたので、会社へ行った。子供の風邪で休むことほど嫌なものはない。会社に行かねば、子供は一人にさせられない、の狭間で葛藤するのはシングルの辛いとこだね。でも、なんと言われようと子供が大事。会社は二の次。子供がいるから、生活がかかってるから、働いてるんだもの。子供は自分しか守れないんだもの。

子供のついでに自分も熱を計ったら、37.4度あった×_× まじかああ?!私の平熱は35度台だから、十分な熱。急に具合が・・・^^;

願いむなしく・・
とうとうというかやっぱり昨夜、子供が熱を出した。咳こそひどかったけど、二時間前は夕飯もしっかり食べ、元気に遊んでたのに。
これで会社を休むのは、シングルの一番きついとこ。でも、会社は誰かが守るけど、子供は私しか守ってあげられないからね。

また、今日、物騒な事件やってた。17歳が学校に乱入し先生を刺殺。両親揃っていて兄弟いても、こんなふうになるんだもんね。そういう事件を起こした子が母子家庭だと知ると、やっぱりね・・みたいな社会の目ってあるけど、意外に違うのよね、あの宮崎勤だってそうだったし。

しっかり見つめていこう。

学級閉鎖近し
今日は、クラスでインフルエンザで6人休んだ。10人になると、学級閉鎖だから危険だ。狭い教室に子供たちがあふれているんだから、すぐに蔓延するよな~。

うちの子もおとといあたりから鼻と咳がひどくなった。熱にいかないかびくびく。自分の事なら様子を見て会社に行くけど、子供に熱を出されたらアウト。まして、インフルエンザともなると、一週間は休まないといけないからな。おととしはそうだった。いったん、熱が下がったと思うとまた39度の熱になる。もう、会社に行ってるより疲れた。頼むから、熱出さないで~。

シングルの一番、辛いとこだよね。

会話って大事
家庭でも職場でも会話は大事。会話なくして気持ちが伝わるわけがない。
親子でも兄弟でも、もともとは他人である夫婦は特に。小言だ喧嘩だといっているうちが花、相手に会話を求めなくなったらおしまい。

だから、子供との会話は大切にしたい。私は会社や仕事の事も子供に話すし、子供からも色々聞くようにしている。男の子だから、だんだん会話も減ってきてしまうのかもしれないけど。だからって、ほっておかないよ。よくこんな事件、起きてたよね。親が同じ屋根の下に住んでいながら、子供が拉致や監禁や暴行や殺人を行っていた。気づいてないのは、本当おかしい。気づいていながら何も出来ないのもおかしい。

子供のSOSに気づいてあげられるように会話はしていきたい。人を傷つけてしまう前に、自分を傷つけてしまう前に。親の前では平然を装って、でも心はずたずたで何も言わずに自らの命を絶ってしまう・・・なんて、親にとってこんな悲しい事ないもの。
会話、意思、大事にしていこうね。

今はもっぱら、お風呂タイムに会話が弾む。いつまで、一緒にお風呂に入ってくれるのかな~。子供の成長、嬉しいような、悲しいような。

咽喉科・・今、混んでるね~
昨日の朝くらいから、左喉がつばを飲んでもあくびをしても痛い。喉は本当に弱いな。いつも痛いと思って医者に行くと、すでに膿んでるとか言われる。
ひどくなったら嫌なので、今日すぐさま咽喉科へ。今日午後と明日は病院がやってないので、午前中いそいそと向かったけど・・・なんとまあ、すごい混み様。

昨日は祝日、おとといは休診だもんな~。
花粉症やらインフルエンザやら鼻炎やらの人であふれかえっていて、一時間待たされ、薬を処方してもらうのに30分待たされ、さらに病気をもらうのではないかという勢いだった。今回は、膿んでるとは言われなかったけど、やはり炎症を起こしていた。
2月は危険な月だな。おととしは子供もインフルエンザにかかったし。

一人が病気になると、家族で菌が行ったり来たりしてしまうから、気をつけたいよね。

1ケ月日記
子供が学校で毎月日記を書いて、1ケ月ごとに持ち帰って来る。簡単なものだけど、私は、その日記を毎月楽しみにしている。子供が毎日どんな気持ちで過ごしたのかほんの少し垣間見る事が出来る。学校でこんなことした、何が楽しみだとか、限られた時間の中で、殴り書きみたいなものなんだけど。

先月の日記に
「今日帰ってずっと一人でゲームしたりしてます。でも、ヒマです」と書いてあった。

残業はしなくても、子供が一人で留守番する時間は出来てしまうのよね。寂しい思いはさせたくないと思う気持ちとは裏腹にこればかりはどうしようもない。ごめんね。なんともやりきれない気持ちになる。
でも、帰宅して、私とばかり遊んでいてもおかしいよね。
今の子は友達と遊ぶにしてもゲームばかり。外で思いっきり走りまわって遊ぶことをしない。塾で忙しい子も多い。ゲームや塾のつながりがないと友達関係が築けない時代かあ。なんか心から楽しいという感覚でなく、黙々とゲームなんだよな。
子供が興味を持てば、習い事をさせたいと考えているけど、別段、ないという。

いつか、親離れしていってしまうし、子供と過ごせる時間は限られているし、と疲れていても、つい頑張って相手をしてしまう。これでいいのかなあ、と考えてしまうことがある。習い事をさせて、興味を湧かせ、そこでつながる友人たちとゲーム以外の交流、集団の中でのルール、私と過ごすだけでは学べない事、私より大切な友達・・・を強制的にも学ばせて、親離れさせていくべきなのかなあ~って。
でも、親の強制で習い事をさせる気にはならないんだよな。

贅沢な悩みなのかな、いづれ、うっとしいと思われてしまう年が自然に来てしまうのかな。

なにせ、二人きりの生活だから、ついついお互い密接になってしまうのよね。共依存にならないようにしないとな。っていうか、私のが危険かもな。

シングルママさんは、下校後のお子さんをどうしてるのかな。
低学年の頃は学童もあるけど。
親が留守の家に友達呼んで遊ばせるのも、抵抗があった。

親が思っているより、子供は成長している。
ん~がんばらにゃ。

もこみち君かあ
先日、初めて、「ごくせん」を観た。
久しぶりに、私をときめかせた俳優が出現。
ツッチー役の人。早速、本名を調べてみたら、なんと、速水もこみち。えっ?!もこみち・・。役名?いや、役名はツッチーだ・・・芸名・・・いや、違う。本名が「もこみち」なんだ。珍しい名前だ、インパクトがある名前だ。

ヨン様ならぬ、私の中ではモコ様だ。最高に好きな顔立ち、久々にヒットだ。ヨン様やキムタクやタッキーや福山雅治や坂口憲次、妻夫木聡、藤木直人、・・一般的にかっこいいと騒がれている人たちには、何の興味も湧かなかった私の気持ちを駆り立てた・・・「ごくせん」のある日が楽しみになった。

自転車も危険・・・
週末から母の体調が悪いと連絡が入る。
発端は先週の火曜日。自転車で正面衝突をし、胸を強打したらしい。
そして、土曜日から下痢が止まらないそうだ。
胸を強打したことによって、内臓でも痛めたのかと心配をしていた。
そういうときに限って、日曜日だったりと病院が休みの時に起こる。

下痢は薬を飲んで落ち着いた。
今日、病院に行って、レントゲンを取ったところ、骨には異常なし。
胸の強打と下痢がからんでいるかはわからないけど、ひとまずほっとした。

家族が元気でないと、平凡な毎日ですら、送れなくなるから
やっぱり、親もいつまでも元気でいてほしい。

私も自転車に乗って、何度も怖い思いをしている。あるときは車の陰から
出てきた人にぶつかって、地面に叩きつきられた事がある。そのときも
1,2週間腕があがらなくなった。携帯に夢中になりながら、猛スピードで
走ってくる学生にぶつかり、車道に投げ出されてた事もある。
自転車も注意しないと、大事故になるな。
子供には、気をつけなさい、気をつけなさいというけど、自分も気をつけなきゃ。

子供が犠牲になる事件は・・
昨日は、ニュースを見る時間が全然なかった。
とんでもないことが起きていたんだ。また、罪もない子供が犠牲になった。
それも親の目の前で。デパートのちびっ子広場という普段は小さな子たちが楽しそうに戯れている場所。危険とか物騒なんていう言葉は無縁な場所。親たちも安心しきってる場所。そこに刃物を持って現れる人がいるなんて、誰が想像出来るか・・。

今の世の中、子供たちにとって、学校も公園もスーパーも家の中さえも絶対に安全な場所はない。悲しい事だ。親はどうやって、子供を守っていけばいいのだろう・・。加害者さえも低年齢化してしまって、加害者の親にも被害者の親にもなりたくない。どんな親だって、そんなふうになるように育ててないはずなのに・・。

子供が犠牲になる事件はもうたくさん。学校行くのに防犯ブザーを持たなきゃならない、居場所が確認できる装置を持たなきゃならない、一人で外を歩いちゃいけない、道で人に話しかけられたら逃げろ。こんな世の中になってしまって、本当に子供たちがかわいそう。

会社の創立記念日
パーティをやる場所が会社のある駅だったんで、私は、仕事が終わった後、いったん帰宅し、子供を連れてまた会社のある駅へ戻るというなんとも面倒で疲れる行動。今いる会社は飲み会とやらが多いんだけど、会社から離れた所に引越したせいもあるし、正直、そのたびに母に頼むとか、あるいは子供を連れて行くのもおかしい、というか大変だから、普段は参加しない。飲み会に行く暇があるなら、とっくにフルタイムで働いて、残業バンバン出来てるわというのが私の考え。独り者や家族より会社が大事という人間が集えばいい。

今回、連れていったけど、当然子供は、一人。知らないおじさんの長い話に付きあわせ、会う人会う人にとりあえず挨拶させて。後で聞いたらサンドイッチ食べようとしたんだけど、人が話している時に食べたら失礼かと思って食べなかった・・といってたけど、そんな気を使わなくていいのにさ。
しっかし、子供に酔っ払いとは話しをさせたくなかったなあ。教育上よくない。私は酔っ払いは大嫌いなんだ。

ただ、唯一、社内外、親子共々仲良くしている仲間(子供がやたらなついている)が相手をしてくれて、子供は楽しかったと言っていた。初めて会った新卒の若い兄ちゃんたちとも、何かと話が合うらしく喜んでいたのが、これ幸い。

結局、家に着いたのが11時。電車は異様に混んでいてつぶれそうな勢い、子供はそんな状況より、睡魔の方が強く、立ったまま寝てた。帰宅したらしたで、お腹すいたと言ってカップラーメンを食べた。確かにバイキング風だったけど、種類が少なくて、あまり美味しい物はなかったかな。あくまで、客へのもてなし、いわゆる「形」が会社の特徴だからね。

私が入社した頃より大きくなった会社。でも、自身の待遇はあまり変わらない。評価は下降か?!シングルでフルタイムで働けないから・・残業できないから・・どんな頑張って仕事したって、万年したっぱ(ま、これも会社ならではの「形」だから、実質よその会社で、その人物が通用するか否かと「形」が比例する訳じゃない)
少ない人数で会社のためにがむしゃらにやってきたキャリアなんてまるで評価されないんだからやってらんないよ。ま、そういうとこでしか働けなかった今までの自分にパンチだけどね。そう、そういう思いが今の勉強する力となっているのだ。毎年、毎年、同じ事を聞かされ、働くのはもう終わりにする時期にきている。

女性に訪れる月一回の来客
昨日の朝から頭が重く、腹痛。夕方にはひどくなり、案の上、生理の到来。でも、今回は何日も頭痛が続くこともなく、頭痛も割れるほどではなかった。どうやら腹痛と分散されたようだ。体の痛みとかはわかるけど、生理前になると精神的にもなにやらイライラしたり、妙にうつになったりするのが、自分でも不思議。まあ、ホルモン関係でそうなるんだろうけど、コントロールしにくい。そのせいか、昨日からイラついている。イライライラ

カウンセラーへの道
今はMOSやMOTの資格を取る事に集中しているけど、そこに至るまでに、自分に合った道、これから生きていくのに何の資格が必要か考えた。高齢化社会に伴ってホームヘルパーも考えた。でも、これは自分も老いていく事を考えると肉体的にも精神的にもきつい。実際、その仕事をしている人の話を聞いたけど、半端なものじゃない、ヘルパーが来てくれる日に限って、老人が嫌がらせに部屋をわざと汚くしておいたり、うんちまみれの時もあるらしい。もちろん、セクハラも多いらしい。それだけ、大変なわりに賃金は低い。

もう一つはカウンセラー。これは意外に昔から就きたかった職業。こういう境遇になって、その気持ちは強くなった。カウンセラーという仕事は、人生経験が豊かな方がいい。年を重ねていくと、重みも増して、年がいっても続けられる。むしろ、仕事は増えるかもしれない。37という年齢は人生のベテランからすれば青二才。でも、私は幼少から今まで、意外に苦労してきた。金八先生の贈る言葉じゃないけど、「人は悲しみが多いほど、人には優しくできるのだから」というのは実感している。辛い思いを一人で抱えている人を助けたいという気持ちは強い。
確かに興味のる職業で、いろいろ本も読みあさった。だけど、なぜMOSに取り掛かったかというと、「手っ取り早さ」がカウンセラーにはなかった。カウンセラーというのは、色々講座は行われているが、この講座を主催している会社で認定書みたいなのが発行されるだけで、国で定められた規定の資格というのがない。それにたとえ、心理カウンセラーとして称号を与えられたとしても、職に就けるのはほんのごく一部。資格としてはちょっと頼りないし、仕事に就けなくては意味がない。もっと、年を経て、子供が成人してからでも遅くないかという気持ちにもなっている。今はもっぱら、友人の悩みを聞いてあげること。仕事にも就けない位に滅入ってしまっている友人や仕事はしているけど滅入っている友人。私位の年齢になると、若い頃みたいな恋愛の悩みなんかよりずっと重い。人生そのもので悩んでいる。
その友人たちに、相田みつを作「しあわせはいつも自分のこころがきめる」そういうゆとりのある心が一日も早く芽生えたらいいなと願っています。一人じゃないからね。