わたし時間
自分と親と過去との闘い シングルママの日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私の母の命がけの決断 離婚の申し立て
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
難病の母
しばらく母の事を書いていなかった。

重症筋無力症の手術をしてからも毎月一回
通院し、薬を処方してもらっている。
その薬は免疫を下げてしまうので
いまだに神経をとがらせている。
どんな時にもマスク。
近くに咳をしている人がいれば
三枚重ね。

このとこで一番問題なのは
先天性の股関節の痛み。
今は杖をつき、ほぼ毎日
整体に行っている。
もう半年くらいたつかなぁ。
私は半年も通って、よくなっている兆しが
ないので、意味がないのでは…と思って
いるけれど、本人は手術はしたくない
やっといい先生に出会えたと言って
せっせと毎日5000円を払って通っている。
これは本人がいいと言っているから仕方ない。

それよりも先日の事。
熱が36.8度あると朝からメール。
私たち親子は平熱が35度台なので
37度近いと熱があるという感覚。
だけど、毎日気温が34度、35度なのだから
体温もあがるだろうと返事をした。
だけど、返ってくるメールは病気が病気だからと
免疫が下がり、風邪をひいたら大変だと
大騒ぎ。
私も念のため、測ってみた。
私も36.6度あった。
病院に行こうか、風邪薬はもらっているが…と
いっこうに聞かない。
難病のかかりつけの病院に電話をした。
様子を見てくださいと言われたらしい。
下手に病院に行って、風邪をもらうのでは
と思ってしまう。

結局、整体に行き、私と同じことを言われたらしく
納得して帰ってきた。

ネガティブなメールが多く
そのたびに私の神経がガタガタする。
一緒に住んでないとはいえ、近くに住み
私は一日中、家にいるとわかっているので
年中、相手をしなければならない。
でも、私がうつがひどかった時は
ずいぶん面倒をかけたし
私はこれから母の面倒をみていかなくては…。

しかし、神経質すぎる母に少々疲れ気味。
アンタは人の事になると、冷静ねと。
私も神経質。母、譲り。
こんな二人が一緒に堕ちると大変。

私の病気はなかなかよくならないな。。。

テーマ:心のつぶやき - ジャンル:心と身体

毎日、時間がたっぷりあるようで、自由なようで、自由じゃない。
私のココロに余裕がない病のせいと
ここ半年くらい足が痛くて歩けない(家の中もつえをついて歩く)母の存在。

母はやっといい整体を見つけたと毎日のようにバスで通っている。
それが母の唯一の外出、日課。
本当は手術をしないといけないらしいのだけど
難病の治療の方も続いているし、本人はなんとか手術をしないで
治したいという。
気持ちはわからなくないけど、一時間4800円の整体で
本当によくなるのか…よくなれば安いものだけど…。


今始った事ではないけど、一人でご飯を食べるのはまずいと
言って、毎日のように声がかかる。
はっきり言ってるくる日もあれば、イチゴを買ってきてほしいとか
ご飯たいたのだが…と遠まわしに言ってくる日もある。
私も自分と毎日を葛藤して送っているので、そう毎日毎日応えて
あげられない…というのが本音。


私が一番苦しい時、毎日足を運んでくれた母。
だから本当なら、毎日ご飯でも作って持って行って
一緒に食べたいとこだけど、なんでもない愚痴を
毎日ちょこちょこ送られてくるだけで
正直、拘束されているようでしんどくなる。

一緒に助け合っていこうと言われるけど
どうしていいやら…

私って冷たいなぁ…

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体

母退院
今日もなんだか気持ちが重い。。女の子日も重なってるからかな。。

母が退院しました。
でも、めでたく退院というわけじゃなく
ステロイド治療は続いているし、食事制限もあるし
風邪や肺炎にはなってはいけない
疲れてはいけないなど制約がある。
それに、母自身、なんでこんな病気になってしまったのだろう
本当によくなるのかという思いがいまだなお強いのがわかる。

「家に着きました」というメールが来たので
電話をしたんだけど、自分の事や病気や病院の事を
ダーッと話して、疲れたから切るわと切られてしまった。
私はもう人の事は考えない、自分の事だけ考えていくと。
思いやりも愛情もない夫との生活なわけだから
そういう気持ちは強くなるんだろうけど。

私はうん、うんと聞いていたけどしんどかった。。。
私の話も少しは聞いて欲しかった。母の病気のが大変なんだから
そんな事望んではいけないね。
でも切った後もなんだか、とても寂しい気持ちだけが残った。

私は私、母は母で自分と戦っていくしかないんだね。
レインボーローズ
母の病院に母の日を過ぎてからお花を持って行った。
ところが、すでにこんなきれいなお花が。

20080512104019.jpg

photo.jpg


スプレーでもかけたのかと思うほどきれい。
レインボーローズってお花があるんだね。初めて知った。

私の持って行ったお花がかすんでしまうわ(^^;

お花で少しでも癒されてくれればいいけれど
母は長い入院生活に加え
5月に同室になったちょっと変わった患者さんに
嫌がらせをされ滅入っていた。

私が行った時、ベッドにいないから院内を探してたら
看護婦さんと話をする母を見つけた。
母が泣いていた。
ちょっと戸惑ってしまった。。。

母は今までの入院生活では同室になる患者さんや
看護婦さん、ヘルパーさん、みんなと仲良く楽しく
やっていたのに、ここへきてへんな人が現れて・・・
でも看護婦さんもみな、その人が変わってるということは
わかってくれているから大丈夫だとは思うけど。

母も心が疲れてきているとこだからつらいんだろうな。

がんばれ、お母さん。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。