わたし時間
自分と親と過去との闘い シングルママの日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生き地獄の数年が嘘のような2016年2017年幸せばかりの日々
息子は昨年3月から50社以上の履歴書を用意して就活を始めた。
6月までの短期決戦と言われてた去年の就活。
私は黙って見守るだけで6月になっても報告なくでも何も言わず。
毎日のようにスーツで出かけ。
バイトはやめて就活に励んでいいよと言ったけどバイトも続け
夏休みも就活してそして9月。
ほぼ無理だと思ってた第一の第3面接まで受かったと。
今の時代そんなに面接あるの??ってなったわ。滑り止めも
取らず息子は自分を信じて第一希望だけにしぼりこんで
見事に合格。それを聞いたときはひたすら泣いた。

多感な年にひどい家庭環境、親がメンタル壊れた姿。
高校までは友だち一人も作らずほぼ引きこもりのコミュ障

この4年の息子の心身の成長は本当に驚くもので
こんな親、親と言えるのかさえ疑問なのに。


そして入社式を迎えた。
その模様が会社のサイト内のブログにアップされていた。

息子もすごいけど、その会社のスローガン、女社長の考えが
素晴らしくて無限の可能性を感じる息子が選んだだけある会社。

あんなコミュニケーションを避けてた息子がコミュニケーションをPRする会社に
入るなんてね。そして、社長の人生の中で楽しかったと思える中に
弊社があってほしいという言葉がとても好き。
無限の可能性を感じる会社というのはもろもろのイベント企画なんかを
見てくれるとわかると思う。

残業はまぬがれないけど息子は定時であがれてつまらない仕事よりは
残業あっても楽しい会社の方がやりがいあるからいいんだって。
今年プレミアムフライデーという国が今の日本企業の現状しってて決めたのかよって
いう企業のほとんどは実施されてない決めごとができた。
息子の会社はPRを依頼されたのもあって率先して実施してて
テレビでもいくつも取り上げたれてた。
新年になると今年は酉年だからとダチョウ倶楽部を招いたり
一日一万歩手当とか誕生日は休みとかとか面白い手当がいくつもあって
忙しいけど働くために生きるが日本人みたいな考えと正反対な会社。
息子は去年10月からこの会社でバイトをしてきた(強制ではなく自ら)
大した仕事はなかったけど先輩たちの動きや話を本格的に入社する前に
たくさん見てそれを聞くたび本当いい会社だなって思った。
仕事が楽しくてついこんな時間ーいつ休んでもいいけど休みたくないんだよねって
感じ。やることやってればのほほんと午後から出社してもよくて
息子は10時には仕事行ってたけどいつも誰一人来てないんだよー(笑)って。
それでもこの業界では世界でもトップレベルなんだからすごい。

息子は大学に入ってからゲームのサークルを作ろうとした。eスポーツ。
それは叶わなかったけど、自分でゲームの大会主催者になって会場を抑えたり
参加者の管理、お金の管理を定期的にやってきた。
自分は就活をするにあたってその大会主催者の引継ぎをしてもらい
でも時間があれば助言や顏出してて、就活が終わるとまた先頭にたって主催、宣伝。
そしたらなんとそのゲームを作ってる社長の目に止まって息子の主催するイベントの
スポンサーになってくれてゲームを作ってる人も顏を出して(もちろん外国人)海外から
わざわざ。
すごいなーって思ってたらそのイベントも単にゲームが好きだからじゃなくて
就活のアピールポイントにする目的だったと後から聞いてなんてこと?!と
だって大学だって三流だし自分には何もないからって。
私からしたら[学費のために頑張ります]という一言の履歴書で受かったバイトを
休むどころかばっくれていった何人もの堕落者の代わりに頼まれては入り
挙句には店長の悩みまで聞く存在になって就活中も休むことなく行ってたのも
すごいと思うけど。そんなのは息子からしたら大したことではなかった。

いつのまにか見上げて話すほど大きくなって
心も私よりずっと大人になって
私が堕ちていった頃の話を冷静に話したりする。
(小学卒業頃から)堕ちてる姿を見せないようにしてるんだなってのはわかってたよ
なんて言われて。
今では相談するのは私の方。冷静な返答が返ってくる。
福祉の事もそう。人を殺してるようなもの。人の心なんてないと私がいうと

あの人たちもさ ただのおっさん。公務員になってらくな仕事してお金ほしいって
思ってるただのおっさんなんだよ。ところが簡単な事務仕事していい給料がもらえると
思ってたのに配属されたのは面倒な部署。それがあるからやっつけ仕事

なるほどな、ってやけに納得しちゃった。
今までどんな言葉を言われても納得できなくて許せなくて頭から離れなくて。
息子にその心を解放したいどうすればとずっと話しててやっと納得した言葉。

息子の思考がどうしてそんなに前向きで大人になったのか本当に不思議で
ならないけど、ものすごい反面教師が目の前にいたからというならわからなくもない。


私はここ数年、会社で倒れ病んでから10年。
日々闘いや耐える日々で楽しい事笑うことも何一つなかった。
去年は毎日空をみて「ついてるついてる、なんでもうまくいく、だいじょうぶ」
を唱えていた。これってなんかしら効果があるって思えた。
心に闇はあっても表に出す言葉はポジティブな言葉にしようとやってる。

昨年息子が就職決まったよと言われたとき
そして無事卒業して社会人として立派にスタートした日
ほんとうにほんとうに心底嬉しくて涙が止まらなかった。
嬉し涙を流させてくれるのはいつも息子
同じ涙でも嬉しい涙はほんとうにいいものだね

息子を誇りに思う。

私の子に産まれてきてくれて本当にありがとう

貧乏でも とってもとーーーっても幸せだよ。
スポンサーサイト
息子と自分のこと
先日、サインバルタという新薬を出されて
副作用もなく、やる気も出るというので飲んだんだけど
数日後、下痢と吐き気が止まらず、薬のせいかと
やめてみたらおさまった。
でも、体調はよくなく、生きてる事がつらい。

そんな中、息子が小テストで0点を取ってきた。
帰宅してから聞いた。
彼はテストの紙は見ないで捨てる。
0点も知らなかったと。
復習しろとか勉強しろとか言わなくても
そこそこできてるから言わないけど
彼自身、授業さえ受けてればそこそこ取れるという
自信がある。
この小テストは教科書外の問題で
受験には響かないというが少し危機感を
持てといった。10点満点中のテストらしいが
平均点もわからない。
頭のいい学校ではないから教科書も易しく
だから息子は授業を受けているだけでいい。
彼は彼で成績の配分を把握しているから
じゃあ、あんたに自分の完璧なノートを見せれば
納得するのかというから、あんたってなんだと。
そこから、成績の話からそれて

あなたは人へのいや親への関心、思いやりがまるで
ないと。まったくコミュニケーションがとれない、とってない。
その0点の紙を見つけた日、たまたま、彼は
さっと学校へ行ってしまった。
私は、つらくても下まで降りて、「気をつけてね」と
声をかけ、一仕事した気持ちになる。
彼は、おはようもいってきますもない。
挨拶に重きをおいていないという。
頭にきて、じゃあ、朝もう見送るのやめるわって
言ったらそれでいいと。
じゃあ、夕飯だけ顔合わせればいいわけね、と。
そんなんで家族なわけ?一緒にいる意味ある?
会話もない、意思疎通もない。
彼は授業で先生と意思の疎通はしてるつもりだと。
そういうことではない、会話のキャッチボールは必要ではない?
今の彼にはそれは必要ではないらしい
友達ひとりいない。でも彼は苦痛ではない。
彼はそんなに親友、友達は必要?かと。
私を見てそう思わない?
一人では生きていけないのよ、特に兄弟のいないあなたはと
いうと、お母さんは病気だからそう思うんだと。
あなたもこれから病気にならないとも限らないし
病気でなくても何か相談ごととか話したいことが出るでしょと
いうと、友達じゃなくて、一人で解決してはだめなの?あるいは
昔の著名人の本から見出してだめなの?と。
この子は私より強いんだろう。

でも、人への思いやり。病気の私にさえない。
調子が悪かったらコンビニ弁当でいいって言ってるでしょ。
そうじゃない。
調子が悪い時でもできる限り、息子につらい顔を見せず
家事をしている。
でも、しんどいとき、お風呂洗って、コンビに行ってきて
爺さんご飯だから呼んできて、一度もやってくれない。
それはつらそうに見えないからだと。
じゃあ、つらそうにいえばいいのか、そうだと。

その病気になったことがないからつらさがわからない、
ただ自殺するくらいつらいということは知っている。
自殺者が多いことも。
だからいつも気にはかけていると。
どこが、気にかけてるんだって思ったけど
その言葉を聞いて涙が出てきた。

楽しいという思うことも、やりたいと思うこともなく
買い物すらもしんどくて、天気がいいのに外にも
出ないで。
何もできないしたくない自分
誰にも支えてもらえない自分、悲しくて仕方なくなる。


毎日起きるたび、あーまた目が覚めてしまった・・・
何をどう生きていたらいいんだと。

息子に、私が死んでもあなたはきっと悲しまないね
いやそんなことはないと思うけど、という答え。
彼ならやっていけると思う。


大学はここに住むときに父が大学資金は出してやると
行っていたけど、ここへきて、奨学金で行けと。
なんのために機嫌を損なわせないよう、食費ももらわず
食事を出し、この家の管理をしているんだか・・
前のアパートの3倍の光熱費。来年は生活保護費も
半分になり、先日もカットされ、電気代はあがる。
この家の基本電気使用量をさげるにも5万かかる。
ボルト数が東京電力対象外だから。
基本をさげれば月2000円は安くなる。年間24000円
私が払うのだから、さげる工事を自分でやれというのか。

生きている意味が見出せない。
楽しみも見出せない。
薬を飲んで、大丈夫、大丈夫と言ってあげる自分だけ。

さびしい人生。つらい人生、早く幕をおろしたい。
あっけなくころっと。それが今の願い。

一生懸命、病気と闘い、生きたい、って思っていても
余命がいくばくもない人たちには申し訳ないけど。。。

支離滅裂な文章・・・心のなぐりがき・・・・

三者面談
昨日は午前中に病院&カウンセリング。
外待ち30分少し暖かくてましだったけど
病院の待ち時間はなんとかならないものなのかな。
じっと待ってられない状態だったら
通院治療もできなくなるよ。

そして午後は息子の学校へ。
進路に向けての三者面談。
もう二年生も終わりなのに担任に会うのは
初めて。

学校に着くとまだたくさんの生徒がいた。
短いスカートにお化粧の女子
チャラチャラ身なりもだらしない男子
すれ違うたび、今の子たちって
みんなこんななの~息子の学校だけ?
ちょっとげんなり…そんな中
坊主頭の子たちが私とすれ違うたび
「こんにちは!」って元気に言ってきた。
部活の指導なんだろうなとは思ったけど
すごく気持ちがよかった。

そういう部活の子かチャラチャラした子か
なんかその真ん中に位置するのが
息子のような気がする。
友達も出来ないのはそのためか。。。

面接の内容は。特に問題なし。
成績も上位で学校を選べる位置。
推薦枠で行くつもりだけど
一般入試でも十分いけるとのこと。
生活態度もいい。
無遅刻無欠席。

この一日が乗りきれるかずいぶん前から
構えていた。夕飯の事も数日前から考えて挑んだ。
プレッシャー=ストレス

すべてこなせてよかった。
自分を褒めてあげる日。
沖縄体験旅行
5月9日から4泊5日で沖縄体験旅行に行って来た息子。
無事帰ってきましたぁぁ(^◇^)

東京は雨が多かったけど、さすがの晴れ男くん
沖縄は梅雨まっただ中なのに、傘を開く事はなかったそうで。

いろいろお土産話を聞いて
久しぶりの再会に梅酒で乾杯~ヾ(*´∀`*)ノ
マンゴープリンがたいそう気に入ったようで
バイキングで20個食べたとか(^_^;)

たくさん写真撮って来たのでお気に入りショットだけお披露目。
景色もいいんだけどさ、本人が一枚も写ってな~い(>_<)

hana_convert_20110514075024.jpg


hana2_convert_20110514075108.jpg



hannmokku_convert_20110514074849.jpg


keshiki_convert_20110514074937.jpg

写真があまり上手ではないしゅんにしては素敵な写真♪
ハンモックでお昼寝した~い
…ってハンモックも重量制限あるのかしら(^_^;)



テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

大変久しぶりです
2011年3月11日 東日本大震災により、被災された方々へ
心より お見舞い申し上げます。

地震、津波、原発、本当に恐ろしいです。
悲しいです。


4月14日 息子が交通事故にあいました。
命に別条はなく、入院などの必要もなく
不幸中の幸いでした。

毎日変わりない生活がどんなにありがたいことか
身にしみました。


静かに眠れて、好きな物が買えて食べれて
ゆっくりお風呂に入れて。
当たり前と思ってはいけないのですね。。。


テーマ:日記 - ジャンル:心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。